topimage

2017-08

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

虎島上陸! 友ヶ島@和歌山 - 2013.07.30 Tue

13:10 ようやく「沖の島」の北西端、「虎島」との境目にきました。


虎島は、潮が引いている時であれば歩いて渡れる島。
この日の干潮時刻は16:30頃
まだ3時間以上あるから、もし渡れなければ引き返さなきゃなーと思っていたのですが、
この潮位なら何とか渡れるかな。


DSC_0663_20130729112755.jpg


友ヶ島のエンジェルロード?
昔、軍用道路として積まれた石が残っていて、潮が引いたら現れる道・・・というか岩場。
気を抜いたら、波をかぶるし岩も滑るので気を付けませう


DSC_0671_20130729112757.jpg


亀の手がびっしり。
食べたことないけど、良い出汁が出るんですよね。でも見た目が食欲そそられない・・・。


DSC_0687_20130729112801.jpg


虎島に到着!向こうに見えるは、さっきまでいた沖の島。
よく見れば面白い地形してるね。


DSC_0689_20130729112841.jpg


さてさて、虎島に渡ったら目標達成!という訳ではなくて、この先に目指すところがあるのです。
さっきまでの沖の島とは違い、あまり人が歩いていないような草がボーボーの道を歩きます。
木がせり出してきて道幅が狭くなっている場所も。


DSC_0697.jpg


途中、倒木が道をふさいでいたり。


DSC_0701_20130729112844.jpg



こちらにも砲台跡がありました。
まったく整備されていないのか、沖ノ島の砲台よりも鬱蒼としています。


DSC_0708_20130729113224.jpg


それがまた雰囲気あって、第3砲台とは違った良さを醸し出しているんです。


DSC_0713.jpg


蔦とレンガと木漏れ日。なんだか異世界。


DSC_0810.jpg


山を登っていくと、海に出ました。
小学生の夏休みって感じがするな。


DSC_0725.jpg


この看板、余計に惑わされそう(^_^;)
地図も何もないので勘で歩くのみ。この看板を信じていいのやら。
迷わないように道を覚えながら歩きます。


DSC_0727.jpg


岬の行者尊を過ぎて


DSC_0729_20130729113230.jpg


崖の上にでた!


IMG_0690.jpg


地形も凄いね。板状節理だったよね?


DSC_0734_20130729113417.jpg


そして、この崖が怖い。
かなりの解放感なので、下を見ると足がガクガク。


DSC_0742_20130729113420.jpg


さてさて、虎島の目的の一つ「観念窟」を探します。
役行者が葛城山で修行する前に、ここの虎島で修行したそうで、現在も修験道の行場となっている場所が5か所あるのです。
そのうちの一つが「観念窟」なのです。


地図も目印もないので分からない。さっきの場所は違うようだし、他の道を通って崖を目指します。


DSC_0747_20130729113421.jpg


再度、崖の上へ!


DSC_0756.jpg


お!多分、ここだ!!
ハーケンがあるってことは、ここを降りるor登るってことだね。
だけど、上からは観念窟は見えない様子。
紀州藩主だった徳川頼宣によって刻まれた「五所の額」が目印になるそうですが、それも上からは見えないです。
ちなみに、五所の額には「悪禁殺生穢悪 友ヶ島五所 観念窟 序品窟 閼伽井 深蛇池 剣池」と書かれているそうです。

このハーケンにロープをかけて降りるの?・・・登山素人の私たちには無理ヾ(;´Д`●)ノ
そういえば古びたロープが近くにあったケド、このハーケンも大丈夫なの???この高さの崖だよ・・・
常人には無理だと聞いたのはこういうことだったのね。


DSC_0760_20130729113557.jpg


ということで、しばし崖の上でクールダウン。


DSC_0778_20130729113602.jpg


板状節理を見ていると、一枚一枚剥がしたくなるよね?
柱状節理だと、さけるチーズみたいにビヨーンとやってみたくなる(*´艸`*)


DSC_0809_20130729113759.jpg



次に目指すは、もう一つの五所「序品窟」。ここから行けるはずなんだけど・・・。
どう見ても崖。どこからもアプローチできそうにないし、足場ももろそう。
好奇心の塊旦那クン、トライしようとしたけど早々に諦めました。というか止めさせました。
こんなとこ素人が行けるわけないじゃないか!!バカモノ!!!・・としばし説教開始。


DSC_0794.jpg


序品窟には、どうやら海岸側から行ける道があるということが分かったので、そちらに向かうことにします。

倒木の根っこに落ちてた看板。
整備された道は安心だけど、こういう放置された感じもまた冒険心をそそられるよね。


DSC_0815_20130729113803.jpg



さてさて、序品窟にはたどり着けるかな?
とりあえず、虎島の最初の場所へ戻ります。





↓ 読んだよのポチッと!していただければ嬉しいです^m^ ↓

     にほんブログ村 旅行ブログへ
     にほんブログ村




関連記事
スポンサーサイト

● COMMENT ●

友ヶ島のエンジェルロード…

水が綺麗ですね^^
こんな岩場を歩いて、虎島まで足を踏み入れる人は少ないはず。
しかも、断崖の端で見下ろす写真、高度感ありすぎ!
…ったく、ワイルドな夫婦だぜぃ(笑)
激しく褶曲する地質も迫力ありますね。
「さけるチーズ」、甘党のお子ちゃまの自分はバウムクーヘン派だな^^
続きも楽しみ!

Re: HAM1826さん

笑(*´∀`*) ワイルドな夫婦だろーヾ(´-`●)ノ
でも崖の上からの写真は、実はしゃがんで撮ってます(^_^;)
何故かこの1~2年で、高い場所が怖くなってしまって。足ガクガクでしたよヾ(;´Д`●)ノ

虎島との境の海は、とっても綺麗でした!
帰りには、ここで裸で海に入っていたおにーちゃんもいたぐらい(笑)

なるほど!バームクーヘン!!
確かに、バームクーヘンも剥がしたくなりますね(*´∀`*)
今度からはバームクーヘンを想像して見てみよう!


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://tekumogu1.blog.fc2.com/tb.php/203-7066781f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

序品窟で胎内くぐり。 友ヶ島@和歌山 «  | BLOG TOP |  » トモガシカはいるんです。 友ヶ島@和歌山

最新記事

カテゴリ

+マークのある都道府県は、複数の旅行記があります。+をクリックして開いてください。

Script by Lc-Factory
(詳細:Lc-Factory/雑記)

プロフィール

てくもぐ。

Author:てくもぐ。
はじめまして。
旦那クンとわたしの旅日記。
夫婦2人で日本旅。好きな時に好きな場所へ出かけていたら、47都道府県を巡ってました。
「てくてくと歩き、もぐもぐ食べる」が旅の基本です♪

※記録用なので、写真満載&ながーい記事になります。
旅の参考にして頂ければ嬉しいです♪♪



◆トリップアドバイザー◆
おススメブログとして紹介されました
(*´∀`*)

トリップアドバイザー
小笠原諸島観光ホテル口コミ情報


ありがとうございます(●∨ω∨●)

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。